隣の主婦の戯言

アラサー主婦の結婚生活、初マタニティライフ。

夫婦で子育てについて勉強!両親教室に行ってきました

先日、自治体が開催している無料の両親教室に行ってきました。

人気の教室のようで私たち夫婦はキャンセル待ちをして何とか参加することが出来ました。

参加者は30歳前後の夫婦がほとんどでした。

内容は赤ちゃんのお風呂(沐浴)方法、夫婦での子育てについての内容が主です。

その他に妊婦体験などが出来ました。

f:id:pinoko1988:20170526093851j:plain


沐浴方法は資料を貰い、講師である助産師の説明を聞きながら、人形の沐浴を見て学びました。

その後、お父さん一人一人が実際に人形を使い沐浴を行いました。

人形とはいえ、夫のぎこちない抱っこに私は冷や冷や。

「首支えてー」など、つい口走っていました。

次に夫婦での子育てについてのお話です。

子どもが生まれると父親と母親の違いによって衝突してしまうことが多々あるそうです。

(周りの話を聞くと何となく想像出来ます・・・)

母親「24時間休みなし。夫には自分の時間がある」

父親「どうしていいかわからない。母乳が出るのは母親だし」

まずはお互い母親、父親の違いがあることを理解する。

こういう話を夫婦二人が第三者からアドバイスされることはないので、良い機会になりました。

夫も何かを感じてくれたはず(と願う)。

1日中一緒にいる母親の方が赤ちゃんの世話が上手くなって当たり前(里帰り出産するならなお更)です。

父親の沐浴、おむつ交換がぎこちなくても指摘してはいけないそうです。

(私、既に練習段階で指摘してます・・・反省)

子どもの世話を取り上げる、かえって迷惑がるのもNGです。

とにかく褒める。

「すごい!」「ありがとう!」

この二言以外に余計なことは言わない。

育児だけではく、家事も同じだと私は思いました。

今、夫が家事を手伝うようになったのはこの二言を頻繁に使うからだと思います。

嫌味なく、大げさなくらい喜び、可愛く言うのがポイント(笑)

幸い?!私自身が適当な家事をしている為、夫がした家事についてあれこれ口出すこともありません。

最初の頃は「一緒にやろう」「手伝って」とお願いしていたことも「俺がやろうか?」「俺がやるよ」と変化していったのも個人的には嬉しいです。

家事も育児も夫婦二人で力を合わせて頑張っていけるようにしたいです。

▼妊娠生活を「安心マタニティブック」で記録しています。
 お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかり、記念になるのでオススメです。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!


▼ランキングに参加しています。
 ポチッとして頂けると励みになります。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング